スマートフォン版へ

【新潟4R・障害未勝利】フォッサマグナが“5秒1”差の圧勝劇 藤沢和雄厩舎からの転厩初戦

  • 2022年05月07日(土) 14時22分
 7日の新潟4R・4歳上障害未勝利は、序盤から他馬を引き離してレースを進めた1番人気フォッサマグナ(セ6、美浦・黒岩陽一厩舎)がそのまま押し切り優勝。勝ちタイムは3分06秒7(良)。

 2着馬ブルームラッシュは3分11秒8で入線し、そのタイム差は5秒1。近年稀にみる大差の圧勝劇で障害戦初勝利を手にした。

 なお、1986年以降JRAの最大タイム差はシンボリクリエンスが勝った1992年中山大障害・春の8秒6差。

 フォッサマグナは父War Front母River Belle、母の父Lahibという血統の米国産馬で、今年2月に引退した藤沢和雄調教師の元管理馬。

 2018年12月にデビュー。翌年2月には共同通信杯で4着に入り、4月のアーリントンCでは1番人気に推された実績を持つ素質馬。今年1月に障害戦に初挑戦し、今回が2度目の障害レースだった。通算成績は17戦4勝(うち平地15戦3勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す