スマートフォン版へ

【ヴィクトリアM】マジックキャッスル 国枝マジックで悲願のG1初制覇へ

  • 2022年05月11日(水) 18時10分
 「ヴィクトリアマイル・G1」(15日、東京)

 21年の3着馬マジックキャッスルが、虎視たんたんとG1タイトル奪取を狙っている。一時、不振に陥っていた時期もあったが、ここにきて状態は右肩上がり。JRAの牝馬限定G1で現役最多の11勝を挙げる国枝師も手応え十分だ。20年秋華賞2着馬が、レース史上最多タイの3勝目が懸かる指揮官とともに、念願のG1初制覇を目指す。

 先輩らしい姿で順調ぶりを見せつけた。マジックキャッスルは10日朝、サークルオブライフエリカヴィータオークスに出走する僚馬2頭を連れて美浦の角馬場に登場。時折、年上の威厳を示すかのように首を上下させ、馬体をほぐしてから坂路を活気十分に4F65秒6-15秒8で駆け上がった。国枝師は「ひとまずいい雰囲気。だいぶ動きは良くなっている。ひところよりはいい」と、復調の手応えをつかんでいる。

 3着だった21年も22年と同じ愛知杯、阪神牝馬Sからの年明け3戦目。ただ、愛知杯で重賞初制覇を飾り、阪神牝馬Sでも2着と好走して本番に挑んだ21年とは内容が異なる。21年秋の府中牝馬Sは蹄の不安が原因で、15着と大敗。その後は休養を挟んで立て直し、22年初戦の愛知杯が9着で、前走の阪神牝馬Sは5着。21年よりも着順は悪いが、間違いなく良化はしてきた。

 前走について、国枝師は「ちょこちょこ手前を変えて、自分から進んで行かなかった。そういう意味でまだ本調子じゃなかったな」と本音を明かす。今回は全2勝を挙げる戸崎圭に乗り代わるだけに、「乗り慣れた鞍上で頑張ってもらおう」と反撃を期待した。

 厩舎の先輩アパパネ(11年)、アーモンドアイ(20年)も、このレースを制覇。JRAの牝馬限定G1で、現役最多の11勝を挙げる国枝厩舎。大舞台を知る厩舎力が、ここ一番で発揮されても不思議はない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す