スマートフォン版へ

サトノダイヤモンド産駒のコンヴィクションIIの2020、クラシックを狙える逸材「芝中長距離向き」

  • 2022年05月13日(金) 06時01分
 東西の注目厩舎の素質馬を紹介する2歳馬情報『厩舎編』。今回は池江厩舎の精鋭を紹介する。

 22年は池江師が手掛けたサトノダイヤモンド産駒がデビューする。中でも注目はコンヴィクションIIの2020(牡)。「いい馬。シルエットが父に似ているけど、ひと回りコンパクトな分、仕上がりは早そう。芝の中長距離向き」と池江師。クラシックを意識できる逸材だ。6月頃の入厩をメドに乗り込まれている。同産駒ではダイヤモンドハンズ(牡)にも注目。「4分の3がアルゼンチンの血。向こうの芝も高速馬場なので、日本への適性が高そう。グッドルッキングです」とスピード決着に強そうなタイプだ。

 半兄にベルーフを持つポルトドール(牡、母レクレドール)はモーリス産駒。「兄より若干コンパクトでスピードがありそう。ムキムキでもないし、血統的に中長距離でも走れそう」と幅広い適性を示している。

 牝馬ではジャスティファイ産駒のオーサムリザルト(母ブロッサムド)が走りそうな雰囲気。「父譲りの大柄で、見栄えがする」と一見ダートっぽくも思えるが、「芝でも走らせたくなる柔軟性。いい馬です」と上々の手応えだ。夏入厩を目標にする。他では「マイルくらいが合いそう」と話すロードカナロア産駒アイヴィベル20 、近親にダービー馬ワグネリアンがいるサンポーニャ(父モーリス母テンダリーヴォイス)も楽しみだ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す