スマートフォン版へ

【京王杯SC予想】距離短縮に脚質不安…。あの「実績馬」に立ち塞がる弊害

  • 2022年05月13日(金) 19時00分
 今週の土曜日は、重賞が1レース開催。東京競馬場で、京王杯SC(GII・芝1400m)が行われます。

 昨年は1番人気のラウダシオンが勝利したものの、2着トゥラヴェスーラは10番人気。3着カイザーミノルも8番人気と人気薄で、三連単「8万5730円」の波乱決着となりました。

 今年は12頭立てと少頭数ですが、1番人気になりそうなのが久々の距離延長となるメイケイエール。気性的にも問題を抱えている馬だけに、絶対的な存在とはいえないでしょう。

「人気馬を素直に信頼して良いかわからない」、「穴をあけそうな人気薄の馬が知りたい」。そんな時に役立つのが、ケシウマの予想バイブル『パーフェクト消去法』です。過去のデータから導き出した消去法で、あなたの馬券検討をサポートします。

 波乱となった昨年の京王杯SCでも、【残った馬】が馬券圏内を独占。人気薄のトゥラヴェスーラカイザーミノルも推奨馬として入っており、8番人気のカイザーミノルに関しては【注目の穴馬】としてプッシュしておりました!

 今年の京王杯SCも、ケシウマの【残った馬】、【注目の穴馬】にご期待ください。

 ここでは、今年の京王杯SC「消去条件」のうち1つを無料公開します。

【条件】
前走4角13番手以下(ただし、社台グループ生産馬は除く)
[0-0-0-15]複勝率0%
該当馬:タイムトゥヘヴン
(過去の主な該当馬:19年スマートオーディン4人気7着)

 けっして前有利なレースではありませんが、さすがに前走で4角13番手以下と後方で競馬をしていた馬には厳しいレース。その成績は過去10年で[0-0-2-25]と苦戦しており、例外は6勝2着5回の好結果を残している社台グループ生産馬だけと考えたいところです。

 上位人気が予想される、タイムトゥヘヴンが消去データに該当しました。

 本馬は、3歳時に京成杯(GIII・芝2000m)、ニュージーランドT(GII・芝1600m)と重賞で2回の連対実績があり、NHKマイルC(GI・芝1600m)でも6着と健闘した世代屈指のマイラーです。

 前走のダービー卿CT(GIII・芝1600m)では1着となり、勢いもMAX。当然、侮れない一頭といえるでしょう。

 しかし、その実績は全て1600m以上でのもの。近走は追い込み脚質となっていることもあり、距離短縮の1400mで届かない可能性も十分に考えられそうです。

 さらに、残りの消去条件は『パーフェクト消去法』にて公開中。重賞レースの参考に、ケシウマの予想バイブルを是非お役立てください。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す