スマートフォン版へ

【京都HJレース後コメント】タガノエスプレッソ石神深一騎手ら

ラジオNIKKEI
  • 2022年05月14日(土) 20時26分
中京8Rの第24回京都ハイジャンプ(障害4歳以上J・GII、芝3900m)は1番人気タガノエスプレッソ(石神深一騎手)が勝利した。勝ちタイムは4分17秒7(重)。半馬身差の2着に6番人気ワーウルフ、さらに8馬身差の3着に3番人気ポルトラーノが入った。

タガノエスプレッソは栗東・五十嵐忠男厩舎の10歳牡馬で、父ブラックタイド母タガノレヴェントン(母の父キングカメハメハ)。通算成績は44戦9勝。

レース後のコメント
1着 タガノエスプレッソ(石神深一騎手)
「積極的に行ってほしいというオーダーでした。オジュウチョウサンに乗って、この馬に振り切られた2020年の京都ジャンプSのイメージでした。この馬の良さを引き出そうと思って乗りました。平地で息を入れるイメージでした。最後はこちらの脚が上がったので危ないと思いましたが、相手もこのペースで追いかけた分、苦しくなったのでしょうか。

 先週の木曜に乗せていただき、性格やクセを掴ませてもらいました。今日はいつもより元気で、気合いが入っていると聞いていました。色々な重賞クラスの馬に乗せていただき、勉強になります。引き出しが増えます。ありがたいです」

2着 ワーウルフ(小野寺祐太騎手)
「今日は楽にポジションが取れて、こちらが慌てずに乗ろうと思っていました。前に強い馬がいて、あとは交わすだけだと思ったのですが......。ただ、あれだけの馬にあの差でゴールしましたからね。馬はまだ若くて変化してきているところだと思いますし、また頑張りたいです」

3着 ポルトラーノ(草野太郎騎手)
「頑張ってくれたと思います。道中で噛み気味に行ったのが、最後に響いたと思います。中京の中では一番形になりました。稽古の良さが競馬に繋がってきたと思います。また頑張ります」

4着 エコロドリーム(五十嵐雄祐騎手)
「距離が長く、溜めて行くのは予定通りでした。この頭数で最後方になりましたが、それほど離れていませんでした。2周目の向正面でついていきたかったのですが、思ったより離れてしまいました。重賞でもチャンスがあると思います。また頑張ります」

5着 ノーリミッツ(北沢伸也騎手)
「年明けの落馬から飛越が慎重になっています。どんどん位置が下がりましたが、今日は最後まで諦めませんでした。メンタルの部分だと思います。長い距離を2度使ったので、この後は休むと思います。すごく苦しかったと思いますが、よく頑張りました」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す