スマートフォン版へ

【三河S】(中京) 3番手から進んだスレイマンが中京ダートで3連勝

  • 2022年05月14日(土) 17時22分
中京10Rの三河ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1800m)は1番人気スレイマン(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒3(不良)。3馬身差の2着に5番人気テイエムマグマ、さらに2馬身差の3着に3番人気クリノドラゴンが入った。

スレイマンは栗東・池添学厩舎の4歳牡馬で、父キングカメハメハ母ドナブリーニ(母の父Bertolini)。通算成績は7戦4勝。

レース後のコメント
1着 スレイマン(吉田隼人騎手)
「年齢を重ねて落ち着きが出てきて、ゲートが安定してきたと思います。前回は砂をかぶる展開になりましたし、今日は行く馬がいれば行かせても良いと思いました。楽な感じで好位につけられました。一旦、手応えが怪しくなりましたが、直線でまたグンと来てくれます。軽い馬場もクリアしてくれました。まだ競馬を覚えさせたい段階ですが、ここまでは能力で勝って来ているので、これからですね」

2着 テイエムマグマ(高倉稜騎手)
「枠順が枠順なので、色々イメージしていましたが、その中で一番良い競馬ができました。直線は踏ん張っていますが、相手が悪かったです。追い切りは動いていますし、身体が良くなっていると思います。こういう競馬なら力を出せますが、揉まれた時が課題ですね」

3着 クリノドラゴン(福永祐一騎手)
「スタート後、2完歩ほど躓いた影響で流れに乗れませんでした。勝つための競馬はできませんでしたが、よく3着に来てくれました。アンラッキーでした」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す