スマートフォン版へ

【京王杯SCレース後コメント】メイケイエール池添謙一騎手ら

  • 2022年05月14日(土) 20時30分
東京11Rの第67回京王杯スプリングカップ(4歳以上GII・芝1400m)は1番人気メイケイエール(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒2(良)。半馬身差の2着に2番人気スカイグルーヴ、さらに3/4馬身差の3着に5番人気タイムトゥヘヴンが入った。

メイケイエールは栗東・武英智厩舎の4歳牝馬で、父ミッキーアイル母シロインジャー(母の父ハービンジャー)。通算成績は11戦6勝。

レース後のコメント
1着 メイケイエール(池添謙一騎手)
「手応え的には、直線に向いた時良い形でしたし、追い出したらしっかり反応して伸びてくれる馬。伸びてくれると信じて追い出しました。

 折り合いはきつかったですね。メイケイエールにとって今後を占う意味でも大事な1ハロン延長だと思っていましたが、1ハロン違うだけでここ2走よりもきつかったですが、何とかなだめながら進めました。僕自身、上手く乗れなかったところはありましたし、ちょっとしんどかったです。

 実績的にはGIを獲れるレベルだと思っていますし、順調に行ってほしいです。この馬には一生つきまとうテーマですが、(今後も)折り合いが大事になってくると思います」

(武英智調教師)
「引っ掛かっていましたね。今日は装鞍所からじんわりと汗をかいて、気負っている感じがありました。返し馬は、前回や前々回より落ち着いていましたが、枠が外でしたし心配でした。その割にはジョッキーが何とか抑えてくれましたし、抑えられた部分も多少ありました。

 他の馬とは違って、少しずつ勉強している感じの馬で、一生懸命走っています。ヴィクトリアマイルはどうかという声もありましたが、そんなに簡単な馬ではないので、慎重にここまで持って来られればと思っていました。秋はセントウルS辺りで始動するイメージですが、今後は馬の様子を見て考えたいです」

2着 スカイグルーヴ(C.ルメール騎手)
「良い競馬をしました。ずっと勝った馬を目標にして、その後ろでレースをしました。よく頑張っていましたが......」

3着 タイムトゥヘヴン(大野拓弥騎手)
「少頭数でしたから、距離短縮でもリズム良く行けて、最後脚を使っていました。疲れを残さずに本番へ行けると良いと思います」

4着 ワールドバローズ(和田竜二騎手)
「休み明けで1400mでしたから、前半はついていけませんでしたが、直線は良い走りでした。もともとマイルの方が良い馬ですし、伸びしろはあるので、今後楽しみです」

5着 ラウダシオン(M.デムーロ騎手)
「スタートは出ましたが、直線に向いてからフワッとしました。勝った時と同じパターンのレースだったのですが......。GIを勝った時の力は出していません。気難しいです」

11着 ミッキーブリランテ(三浦皇成騎手)
「枠を活かして、良いポジションで競馬ができました。上がりも速く、馬場や展開に対応できませんでした。展開次第ではまだやれると思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す