スマートフォン版へ

【日本ダービー 注目馬(2)】オニャンコポン父仔ダービー制覇へ 父と同ローテで挑む頂上決戦

  • 2022年05月23日(月) 21時37分
 5月29日に東京競馬場で行われる日本ダービー(3歳牡牝・GI・芝2400m)。インパクトのある馬名でたびたび注目を集めるオニャンコポン(牡3、美浦・小島茂之厩舎)が、京成杯(GIII)に続き、父仔ダービー制覇に挑む。

 オニャンコポンは父エイシンフラッシュ母シャリオドール、母の父ヴィクトワールピサ。二代母サプレザサンチャリオットS (英G1)を3連覇した名牝で、叔父に2020年の毎日杯(GIII)覇者サトノインプレッサがいる血統。

 昨年9月に中山競馬場で行われた2歳新馬戦でデビュー勝ち。続く百日草特別(1勝クラス)で連勝を飾ると、2歳GI・ホープフルSにも出走した。今年1月の京成杯では、出走馬中最速となる上がり3ハロン34.7秒の末脚を繰り出して重賞初制覇を飾った。

 父エイシンフラッシュは2010年の日本ダービー優勝馬。翌年のドバイWC覇者ヴィクトワールピサ、同年のジャパンCを制するローズキングダム、後に香港G1を制するルーラーシップや天皇賞を制するヒルノダムールなどの好メンバーが揃った中で伏兵評価を受けながらも、上がり3ハロン32.7秒の末脚で世代の頂点に上り詰めた。

 馬名の意味はアカン語で「偉大な者」。奇しくも、京成杯から皐月賞、そして日本ダービーという戦績は同じローテーション。大一番にその名を轟かせることができるか、要注目である。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す