スマートフォン版へ

【ヴィクトリアM】白毛馬ソダシ 女王返り咲き G1・3勝目!敵なし芝マイル4戦全勝

  • 2022年05月16日(月) 12時01分
 「ヴィクトリアマイル・G1」(15日、東京)

 4番人気の白毛馬ソダシが、ゴール前で一気に突き抜けて快勝。阪神JF桜花賞に続きG1・3勝目を挙げた。2馬身差の2着は3番人気のファインルージュ、3着は6番人気のレシステンシアが入った。1番人気に支持されたレイパパレはスタート直後につまずいてリズムを崩し、よもやの12着に敗れた。

 ソダシの純白の馬体が、府中のターフを一直線に突き抜ける。2着ファインルージュ以下に2馬身差をつけてフィニッシュ。同世代はもちろん、年長のG1馬も寄せつけない圧勝劇。ただのアイドルホースじゃない。改めて強さを強烈に示してみせた。

 ゴールの瞬間、吉田隼は雄たけびとともに派手に右腕を突き上げた。「残り1Fは夢のような感じでした。馬の走りもフワフワしていたけど、それ以上に僕もフワフワしちゃって。プレッシャーから解放されて、少しはしゃいじゃいました」としきりに照れた。

 ゲート入りを少々ゴネるのはいつものこと。スタートは抜群の集中力で飛び出し、ハナを切るくらいの勢いで加速。好位の4番手でリズムに乗った。鞍上は「前向きにハミを取ってくれるので、自分が突っ込み過ぎないように、うまくためながら運びました」と慎重にコントロール。直線に入ると2番手のレシステンシアが外に持ち出すのを見て、満を持してゴーサインを出した。左ステッキに反応して、残り100メートルからは完全に独走状態。「いつものソダシの伸びでした」と早々に勝利を確信した。

 これで芝のマイル戦は4戦全勝。須貝師が「結果が示す通りレースがしやすいんでしょうね。桜花賞がレコード勝ちだったし」とうなずけば、吉田隼も「デビュー前からマイルくらいがベストだと思っていた。この距離なら、芝もダートも問わない」と断言した。

 今後についてはひと息入れる予定。多くのファンの声援に感謝する須貝師は「もっと強いソダシを見せていきたい」と約束。昨年8月の札幌記念以来のVをつかんだことで、さらに新しいステップへ踏み出していく。白毛のアイドルホースは、これからも進化を続ける。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す