スマートフォン版へ

加療を終えたコパノキッキングが帰国 ドバイ遠征中に現地で骨折

  • 2022年05月17日(火) 07時12分
 サウジアラビアおよびUAEに遠征していたコパノキッキング(セ7、栗東・村山明厩舎)が、16日の6時52分、関西国際空港に到着。日本への帰国を果たした。なお、同馬は輸入検疫のため、兵庫県の三木ホースランドパークの国際厩舎に入厩している。

 コパノキッキングは父Spring At Last母セラドン、母の父ゴールドヘイローという血統。通算成績は国内のダートグレード競走4勝を含む25戦10勝。

 今年2月に連覇を目指したリヤドダートスプリントで4着の後、サウジアラビアから直接UAEへ移動。3月のドバイゴールデンシャヒーン(首G1)への出走を予定していたが、調整中に右第1指節種子骨々折を発症し、同レースを回避。現地での加療を行なっていた。

(JRAのホームページより)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す