スマートフォン版へ

【オークス】栗東レポート ナミュール(横山武史騎手)

  • 2022年05月18日(水) 11時28分
5月22日(日)に東京競馬場で行われるオークス(GI)に出走予定のナミュール(牝3、栗東・高野友和厩舎)について、共同会見の横山武史騎手のコメントは以下の通り。

「(チューリップ賞は)一言で言えば強かったですね。僕自身、スムーズには乗れなかったんですが、馬の力だけで勝てた強いレースだったと思います。ハッキング、準備運動の段階から身体を柔らかく使える馬だと思いました。

まだ細くて小さい馬ですが、その割には体をダイナミックに使えるので、すごく良い馬だと思いました。

(桜花賞の大外枠は)ゲートに難があるので、最後に入れるのは良いと思いましたが、競馬としてはその枠が厳しい部分になってしまったと思います。

枠が出た時点で、自分がしたい競馬を思い描いていて、その通りの競馬は出来たんですが、ペースが思った以上に遅くなって、苦しくなってしまったと思います。

絶対こういう競馬でなければいけない、という馬ではないと思います。長く良い脚も使えますし、チューリップ賞では短く鋭い脚を見せています。良い馬なので、どちらも対応できると思います。

先週、競馬場で会った高野先生からは『順調だ』と聞いています。(調整については)高野先生にお任せして待っています。

(距離について)スタミナは大丈夫かなと思いますが、折り合いが難しく、折り合いに左右されると思います。距離が長いので、折り合いがより一層大事になってくると思います。

(桜花賞は)展開に泣かされた競馬だったので、参考外の負けじゃないですかね。馬自身は良かったんですが、展開に泣かされて不完全燃焼だったので、何とかこの馬の力をしっかり発揮できる競馬になれば、と思います」

(取材:山本直)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す