スマートフォン版へ

【オークス】栗東レポート ウォーターナビレラ(武豊騎手)

  • 2022年05月18日(水) 11時31分
5月22日(日)に東京競馬場で行われるオークス(GI)に出走予定のウォーターナビレラ(牝3、栗東・武幸四郎厩舎)について、共同会見の武豊騎手のコメントは以下の通り。

「(桜花賞は)惜しかったな、という感じです。馬の状態も良かったし、思い通りの良いレースが出来ました。あそこまで行ったら勝ちたかったですね。

初めて乗った時は、まだ身体が全体的に華奢というか、力強さもそれほど感じなかったですし、硬さもありましたが、それでもレースで結果を出してくれました。それを思うと、身体もしっかりしましたし、落ち着きが出てきました。レースへ行って非常にイレ込む馬だったんですけど、ここ2回は落ち着いてきました。

(1週前追い切りは)まず一番に随分落ち着いているな、というのがあって、動き自体も悪くなかったですが、まだ重さがあるなと思いました。先週しっかり追い切ってちょうど良くなったんじゃないでしょうか。

(今日の追い切りは)騎乗した吉田隼人くんから『強い調教はやらない』と聞いていました。『上がり重点の良い動きでした。順調そうです』と聞いています。

(距離延長については)初めての距離で一気に延びますし、やってみないとわからないところはありますが、今年に入ってからの手応え、内容的には大丈夫かな、と思いますね。そこ(落ち着きが出たこと)は非常に大きいと思います。

(初の左回りは)そんなにレースへ行って大きな癖のある馬ではないので、問題ないと思います。右回りでは少し外へ流れ気味になる馬なので、良い方に出るかもしれないですね。

常に一生懸命走ってくれる馬で、距離が延びますが、この世代のトップレベルにいる1頭だと思いますし、チャンスのある1頭だと思いますので、楽しみにしています。頑張りたいですね」

(取材:山本直)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す