スマートフォン版へ

【ヒダカソウカップ予想】門別に春の訪れ告げる牝馬重賞、展開に泣いた昨年のリベンジなるか

  • 2022年05月18日(水) 18時00分
 トラックマンの朝は早い。厩舎の活動サイクルに合わせて行動するわけだから当然である。日が昇る前に自宅を出て競馬場へ向かうのが常なのだが、1、2週間前までは、いざ出勤しようと車に乗り込むと、フロントガラスがモザイクをかけたように凍りついていて、肝を冷やすということがよくあった。ようやくシームレスな出勤が叶うようになったことに、季節の移ろいを感じている。

 さて、今週はそんな春の訪れを彩る牝馬重賞、ヒダカソウカップである。

 昨年は先行争いの激化によって差し・追い込み勢がなだれ込み、3連単は30万を超える波乱となった。その展開を先行して押し切らんとしたのがネーロルチェンテであり、これには酌量の余地がある。今年もスプリンター色の強い逃げ馬はいるが、ネーロルチェンテ自身、歳を重ねて自在な立ち回りを身につけており、徹底先行策にこだわる必要はない。自身の力を出し切る運びをすれば、同じ轍は踏まないだろう。今年こそ人気に応えられるはずと筆者は判断した。

 バブルガムダンサーは昨年10着だったが、1番枠で揉まれ込んで戦意喪失という格好であり、これも不問にできる結果だ。昨季それ以降は休養が長引き、本来の走りを取り戻せなかったが、今季初戦Vの内容から、完全復調が見て取れる。外枠を引き当てた今年は巻き返しが可能だ。

 展開がもつれた場合、浮上してくるのはサイファリスのようなタイプだろう。本質的には外回り向きだが、昨年に近いような流れなら一発の可能性がある。先手を取るであろうスティールティアラ、転入初戦だが門別の内回りは合いそうなクーファアチャラ、復調途上でも実績は上位のディアリッキーなど相手候補は難解だ。

 最後に、馬場傾向について少し触れておく。今季は稀に見るタフな馬場状態でスタートしたが、砂厚調整によって第3回前半開催(5月11日〜)から平均的なタイムが出るように変化した。重賞に限らず、予想をする際はその点を考慮されたい。

(文:競馬ブック・板垣祐介)

ホッカイドウ競馬特集ページはこちら!

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す