スマートフォン版へ

【今日の注目ポイント】中京メイン・平安Sでテーオーケインズが始動

  • 2022年05月21日(土) 09時05分
 5/21(土)は東京・中京・新潟の3場開催。20日正午の馬場発表は3場いずれも芝・ダート共に良。21日の天気は東京と中京が曇りのち雨、新潟が曇りのち晴れの予報となっている。

■平安Sでテーオーケインズが始動
 中京11Rはダート1900mの平安S(GIII)。昨年のチャンピオンズCを6馬身差で圧勝したテーオーケインズがサウジアラビアからの帰国初戦を迎える。連覇を目指す帝王賞に向け好スタートを切れるか注目。対するは、前年覇者オーヴェルニュマーチSを勝ったメイショウハリオなど。

■メイSでキングストンボーイ復帰
 東京11Rは芝1800mのメイS(OP)。昨年の青葉賞2着馬キングストンボーイは8か月ぶりの休み明け。鹿戸雄一厩舎への転厩初戦、横山武史騎手との新コンビとなるが、いきなり勝利することができるか。対するは、リステッドで連続好走中のカレンシュトラウスなど。

■3歳牝馬のカーネーションC
 東京9RはカーネーションC。芝1800mで行われる牝馬限定の3歳1勝クラス。オークスにも登録があったシンシアウィッシュワールドプレミアの妹ショショローザスイートピーSで2着だったコントディヴェールアサマノイタズラの妹モカフラワーなどが2勝目を狙う。

メルボルンTグランアプロウソなど
 中京9Rは芝1200mの3歳1勝クラス・メルボルンTグランアプロウソは10か月ぶりとなった前走の雪うさぎ賞で2着。一叩きされたここで勝ち上がりなるか。鞍上は新馬戦以来の武豊騎手。他に、前走5着から巻き返しを狙うアスターディゴンミッキーアイル産駒ウインクルシャープなど。

早苗賞エーデルブルーメが仕切り直し
 新潟9Rは芝1800mの3歳1勝クラス・早苗賞。ここはエーデルブルーメが人気の中心になりそう。前走中山芝2000mのミモザ賞では2着に敗れたが、距離短縮と平坦替わりの今回巻き返しが期待される。他に、重賞に3度出走しているアケルナルスター、デビュー3戦いずれも3着以内のバルタザールなど。

■新潟4R・障害OPでノストラダムスの3連勝なるか
 新潟4Rは3290mの障害オープン。ノストラダムスに注目したい。今年に入り障害未勝利を大差圧勝、続く障害オープンも7馬身差圧勝と波に乗っている。3連勝を期待したい。対するは、三木ホースランドJSで2着だったペガーズなど。

■東京4Rで良血ミルヴィオの勝ち上がりなるか
 東京4Rは芝2400mの3歳未勝利。海外G1馬シユーマを母に持つ良血のディープインパクト産駒ミルヴィオが、C.ルメール騎手とのコンビで出走。5か月ぶりの休み明けを勝利で飾ることができるか。他に、メイケイエールの弟チャレンジャーCamelot産駒アルバスドラコなども勝ち上がりを目指す。

角田大河騎手荒川義之調教師のバースデー
本日はルーキー角田大河騎手の19歳の誕生日。メルボルンTミミグッドなど中京で8鞍の騎乗を予定している。また、荒川義之調教師は本日が54歳の誕生日。管理馬は新潟で2頭が出走を予定している。

川須栄彦騎手らが区切りの勝利まであとわずか
 川須栄彦騎手JRA通算400勝まであと1勝で、本日は新潟で3鞍に騎乗。松若風馬騎手JRA通算400勝まであと2勝で、本日は中京で5鞍に騎乗。菊沢一樹騎手JRA通算100勝まであと3勝で、本日は新潟で4鞍に騎乗する。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す