スマートフォン版へ

【鳴尾記念展望】好走傾向に合うあの馬の巻き返しを期待したい

  • 2022年05月31日(火) 12時11分
 2012年に現在の時期へ変更され、宝塚記念の前哨戦として位置づけられるようになった一戦。昨年と同じく中京芝2000mでの開催となる。

1.前有利

 コース改修後から今年5月22日までに行われた中京芝2000mのオープンクラスの成績を、4角位置取り別で見ると、4角3番手以内の馬は複勝率29.6%で複勝回収率128%なのに対し、4角5番手以下の馬は複勝率17.8%で複勝回収率67%。中京芝2000mは上り坂スタートで前半のペースが落ち着きやすいため、前残りになりやすい。

2.若い馬が強い

 この時期に変更されて以降の過去10回で、4歳馬は[2-3-5-7]で複勝率58.8%と圧倒的な成績を残している。また、5歳馬も[5-3-1-16]で複勝率36.0%と上々。対して、6歳馬は[2-2-3-34]で複勝率17.1%、7歳以上は[1-2-1-34]で複勝率10.5%。

3.前走GI・GII組が強い

 過去10回で、前走GI組は[3-2-3-9]で複勝率47.1%、前走GII組は[3-1-2-16]で複勝率27.3%、前走GIII組は[1-4-3-30]で複勝率21.1%、前走オープン・リステッド組は[2-2-2-34]で複勝率15.0%。格上条件から臨んでくる馬が好走傾向にある。

 キングオブドラゴンは前走阪神大賞典で6着も、古馬重賞初挑戦で初の3000mだったことを思えば上々の結果。実績のある距離への距離短縮、かつ相手関係が楽になるGIIIなら巻き返しを期待できるだろう。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す