スマートフォン版へ

インゼルサラブレッドクラブが初出走初勝利の快挙 武豊騎手「完勝でした」

  • 2022年06月13日(月) 20時44分
 12日の函館5R・2歳新馬戦で、株式会社インゼルサラブレッドクラブ(馬主名義・インゼルレーシング)の初年度募集馬のうちの1頭であるクリダーム(牡2、栗東・須貝尚介厩舎)が制覇。鞍上を武豊騎手が務め、同クラブ所属馬による初出走初勝利を果たした。

 インゼルサラブレッドクラブは昨年設立された一口馬主クラブで、初年度募集馬は19頭。今年の日本ダービー(GI)を武豊騎手鞍上のドウデュース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)で制したキーファーズ・松島正昭オーナーの息女、松島悠衣氏がクラブの代表を務めている。

クリダームに騎乗した武豊騎手
「控える形も考えていたけど、ゲートのセンスが抜群であの位置での競馬になりました。返し馬は止まらなくて大変でしたが完勝でした。初出走、初勝利おめでとうございました」

クリダームを管理する須貝尚介調教師
「会員の皆さまおめでとうございます。初出走、初勝利できて本当にホッとしています。早めにここを目標としていましたが、血統的に気性が難しいところがあるので心配してました。

 洋芝適性が抜群で勝てて良かったです。今後は馬の様子を見て、無事なら函館2歳ステークスへ向かうと思います」

インゼルレーシング・松島悠衣代表
「たくさんの会員様より御支持を戴きまして、無事初出走を迎えることが出来ました。本当にありがとうございました。

 クリダームの出資会員の皆さま、おめでとうございます。全ての関係者の皆様のお力添えで初勝利を飾ることができ嬉しい限りです。

 スタッフ一同、関係各所と連携し、より良い競走馬の輩出を心がけていきたいと思っておりますので、引き続きインゼルへご声援戴ければありがたく存じます」

(株式会社インゼルサラブレッドクラブのプレスリリースによる)

みんなのコメント

ニュースコメントを表示するには、『コメント非表示』のチェックを外してください。

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 『コメント非表示』にチェックを入れると、すべてのニュース記事においてコメント欄が非表示となります。
  • ※チェックを外すと再びコメント欄を見ることができます。
    ※ブラウザを切り替えた際に設定が引き継がれない場合がございます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す