スマートフォン版へ

【ユニコーンS】美浦レポート コンバスチョン

ラジオNIKKEI
  • 2022年06月15日(水) 14時56分
19日(日)に東京競馬場で行われるユニコーンステークス(GIII)に出走予定のコンバスチョン(牡3、美浦・伊藤圭三厩舎)について、追い切り後の伊藤圭三調教師のコメントは以下の通り。

(前走のドバイ遠征を振り返って)
「輸送や向こうでの環境への順応など凄くうまくいきました。競馬も良い状態で臨んだつもりでしたが、勝った日本の馬に外から被されまして、ずっとアメリカの硬い砂を被され続けて戦意を喪失してしまいました。3コーナーでもずるずると下がってしまって、残念な結果になってしまいました」

(帰国してからここまでの調整は)
「白井の学校で着地検疫と、オーナーの牧場で着地検査を行って、良い状態で1カ月ぐらい前に戻ってきました。順調に調教も進んでいます」

(今朝の追い切りは)
「先週は後ろから行って抜け出して終い11.0の時計を出していますから、今日は11秒後半の時計で少し控えたというか、追走して併入なので十分に負荷も掛かっていると思いますし、良い調教ができたと思っています」

(東京コースは2戦2勝です)
「新馬の時も良い勝ち方をして、東京で2勝目を挙げた時も、インの3、4番手でずっとポケットにいて、直線は空いているスペースから抜け出してきましたが、凄くコース適正は高いのかなと思いました」

(現時点でのこの馬に対する評価は)
「前走は残念な結果に終わりましたが、あとは常に上位にきて頑張っていますので、ダートに関しては能力がかなり高い馬だと思っています」

(この馬のセールスポイントは)
「馬格もあるし、パワーもあって、精神的にもどっしりとした馬で、国内だったらどんな競馬場でも結果を出しているので、タフな馬だなと思います」

(レースへの期待のほどを)
「今回もこのレースを狙って強いメンバーが揃っていると思いますが、この馬も力がありますから、何とか重賞のタイトルを欲しいと思っています」

(取材:木和田篤)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す