スマートフォン版へ

【宝塚記念】エフフォーリアは良化途上 伸び脚さえず、横山武「物足りないですね」

  • 2022年06月16日(木) 21時45分
 「宝塚記念・G1」(26日、阪神)

 大阪杯9着からの復権を目指す昨年の年度代表馬エフフォーリアは15日、横山武を背に美浦Wで3頭併せを敢行した。ランドオブリバティ(4歳3勝クラス)が1馬身先行。1馬身後ろにウインカーネリアン(5歳オープン)を従え、ゆったりと発進。直線は2頭の真ん中へ。馬なりで流す僚馬に対し、しまいの伸び脚がさえない。鞍上が強めに手綱をしごいて奮起を促す。最終的には6F87秒0-37秒1-11秒1のタイムで併入に持ち込んだ。

 引き上げてきた主戦は浮かぬ顔。「気持ちがいい意味でも悪い意味でも大人になり過ぎている。メリハリがいまひとつ。押して押してあの反応ですから。一番良かったエフフォーリアを知っているだけに、物足りないですね」と辛めのジャッジ。もちろん、期待が大きいからこそだ。

 鹿戸師は「昨日で520キロ(前走522キロ)。だいぶ体も締まって状態は上がってきている。最近はズブい面を見せているからね。1週前だし、これでちょうど良くなると思う」と前を向いた。このひと追いに加え、日曜、最終リハとまだ時間は残されている。いかに納得のいく臨戦態勢へ導くか、注目だ。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す