スマートフォン版へ

【プリンスオブウェールズS】ロードノースは大出遅れで最下位に 目隠しが取れずにゲート開くハプニング発生

  • 2022年06月16日(木) 18時22分
 現地時間15日、イギリスのアスコット競馬場で行われたプリンスオブウェールズS(4歳上・G1・芝1990m・5頭立て)は、S.クロース騎手騎乗のステートオブレスト(State of Rest、牡4、愛・J.オブライエン厩舎)が優勝した。

 ステートオブレスト陣営が歓喜に包まれる中、最下位の5着に沈んだロードノースは大出遅れの不運に見舞われた。イギリスの一般紙『The Daily Mirror』の電子版ではロードノースに起きたハプニングの詳細を報じている。

 同紙によると、大出遅れの原因は目隠しが取れなかったことにあるとのこと。L.デットーリ騎手騎乗のロードノースは目隠しをしたままゲートインしたものの、目隠しが馬具に引っ掛かって取ることができず、そのままゲートが開いてしまったと伝えている。

 BHA(英国競馬統括機構)のレポートではL.デットーリ騎手によるコメントが掲載されており、目隠しが馬具に引っ掛かったことで取り外すのに手間どった、と説明している。

 ロードノース(Lord North、セ6、英・J&T.ゴスデン厩舎)は父Dubawi母Najoum、母の父Giant's Causewayという血統。通算成績は17戦8勝。

 今年のドバイターフでは、日本馬パンサラッサと最後の直線でデッドヒートを繰り広げ、同着での優勝を果たしている。プリンスオブウェールズSは2020年に制しており、2度目の制覇を狙ったが無念の結果となってしまった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す