スマートフォン版へ

ブラストワンピース全弟ブラストウェーブがデビュー/関東馬メイクデビュー情報

  • 2022年06月21日(火) 12時10分
 早いもので6月の3回東京開催も最終週。例年通り、土曜日に芝1800mの番組が組まれている。昨年の上位3頭はジオグリフ(皐月賞1着、札幌2歳S1着)、アサヒ(東京スポーツ杯2歳S2着)、アスクビクターモア(弥生賞ディープインパクト記念1着、日本ダービー3着)。今年も素質馬が揃いそうで楽しみな一戦だ。

【6月25日(土) 東京芝1800m】

ブラストウェーブ(牡、父ハービンジャー母ツルマルワンピース、美浦・大竹正博厩舎)

 有馬記念の勝ち馬ブラストワンピースの全弟。先週の追い切りはウッドチップコースで3頭縦列の最後尾から追走させ、6F80.3-66.0-51.8-37.4-23.7-11.5の時計をマークした。兄と同じく雄大な馬格だが、動きには重たさを感じさせない。

「離れた前を追いかけたこともあるし、全体的に速い時計が出た。馬体重は540kgぐらい。お兄さんよりも骨格がある。性格的には似ている感じ。同じ時期の比較では完成度が高そうな印象です」と大竹正博調教師。鞍上は川田将雅騎手が予定されている。

レッドディライト(牡、父エピファネイア母ディエンティ、美浦・木村哲也厩舎)

 伯父に米G2スーパーダービーの勝ち馬Fantasticat、いとこに米G1トリプルベンドHの勝ち馬Centralinteligenceがいる。先週の追い切りはウッドチップコースで7F100.1-83.8-68.8-54.2-39.3-25.0-12.0の時計をマーク。3頭併せの真ん中で負荷を掛けた。

「順調にメニューをこなしてくれています。最初に入厩してきた頃は気難しいところを見せていたけど、だいぶトレセンの環境にも慣れた感じ。再入厩後は気性面の成長が感じられます。広いコースでスムーズな競馬ができればいいですね」と太田調教助手。鞍上はC.ルメール騎手が予定されている。

シャンドゥレール(牡、父エピファネイア母マジェスティッククオリティ、美浦・国枝栄厩舎)

 2021年のセレクトセールに上場され取引価格は9240万円。一族からは米G1・2勝(CCAオークス、マザーグースS)のOctaveが出ている。先週の追い切りはウッドチップコースで同期のロジザキアと併せ、6F82.5-65.6-50.7-36.4-23.6-116の時計をマークした。

エピファネイア産駒の男馬らしい力強さを感じる。気性的にも距離は長めのところがいいと思う」と国枝栄調教師。鞍上はM.デムーロ騎手が予定されている。

【6月26日(日) 東京芝1600m】

ジュドー(牡、父モーリス母パンデイア、美浦・手塚貴久厩舎)

 1歳上の全兄アバンチュリエ(現2勝)は昨年、同じ週に東京の芝1600mでデビュー勝ちを決めた。いとこにはシゲルピンクダイヤ(桜花賞2着、秋華賞3着)、シゲルピンクルビー(フィリーズレビュー1着)がいる。

「ひと追い毎に馬体が締まり、だいぶ動けるようになってきた。普段から気持ちが入りやすいので、当日のテンションがポイントになってくると思う」と手塚貴久調教師。鞍上は岩田望来騎手が予定されている。

 なお、先週のデビューを予定していたグランベルナデット(牝、父キズナ母ラブリーベルナデット、美浦・大竹正博厩舎)、コスモオピニオン(牡、父ダノンバラード母オピニオン、美浦・黒岩陽一厩舎)は抽選で除外になったため、ここにスライドする予定。

 その他ではアルヴィエンヌ(牝、父ダイワメジャー母アルル、美浦・林徹厩舎)、サトノヴィレ(牡、父デクラレーションオブウォー母ダイワジェラート、美浦・鹿戸雄一厩舎)、フラグランツァ(牡、父ハービンジャー母アドマイヤアロマ、美浦・戸田博文厩舎)、マイネルビジョン(牡、父Oscar Performance母ソングオブアイスアンドファイア、美浦・高木登厩舎)、ロジザキア(牝、父キズナ母ザキア、美浦・国枝栄厩舎)などがデビューを予定している。

(取材・文:竹之内元)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す