スマートフォン版へ

【宝塚記念】タイトルホルダー&エフフォーリアが1番人気不振のジンクス打破へ

  • 2022年06月21日(火) 20時55分
 「宝塚記念・G1」(26日、阪神)

 上半期の総決算となるドリームレース。22年の平地G1で11戦7勝と活躍が目立つ関東勢からは、天皇賞・春覇者タイトルホルダーと、21年の年度代表馬エフフォーリアの有力2頭がスタンバイする。人気を二分する東の実力馬が、21年末のホープフルSから続く1番人気12連敗の記録に、ストップをかけるか-。

 21年の有馬記念エフフォーリア)を最後に、JRA平地G1は1番人気馬が目下12連敗中。“荒れる22年”の上半期をビシッと締めるのは、ファン投票1位のタイトルホルダーしかいない。得票数は歴代最多の19万1394票。90年オグリキャップ(15万2016票)を4万票近く上回った。栗田師は「それだけの票が集まったことに感謝していますし、責任を感じている。ただ、やることはいつもと変わりません。最高の状態で送り出すだけ」と気を引き締める。

 主戦の横山和も同じ思いだ。「ファンに愛される馬で大一番に向かえるのはうれしいですね」。21年の有馬記念からコンビを組み、またがる度に人馬の絆を強めてきた。天皇賞・春では、デビュー12年目にしてG1初制覇を達成。7馬身差の圧逃劇に、「日経賞は結果を求めるのもどうかという(状態の)中で勝ってくれて、天皇賞・春でも結果を出してくれた」と、相棒への信頼は揺るぎないものとなった。16日の美浦Wでの1週前追いにも騎乗。6F80秒9-36秒6-11秒9の好内容で、着々と臨戦態勢を整えている。

 同世代の年度代表馬エフフォーリアとの再戦となる。指揮官は「3回戦って3回とも負けている。強力な相手にどこまで差を詰められるか」と武者震いするが、「秋に向けていい結果を出したい」と、栄冠を譲るつもりは毛頭ない。ライバルを撃破した先には、22年秋の凱旋門賞・G1(10月2日・仏パリロンシャン)挑戦が現実味を帯びてくる。海外壮行レースの意味合いも強い一戦。3つ目のG1タイトル獲得で、フランス行きの切符もつかむ。

 連敗はしない。21年の年度代表馬でファン投票2位のエフフォーリアが屈辱を晴らす。

 一度の敗北で一気に評価を落とした。単勝1・5倍。1番人気で挑んだ今季初戦の大阪杯だったが、勝負どころでも動こうとせず、鞍上が手綱を押しても進んで行かない。無抵抗のまま9着。「敗因は一つじゃなく、いろいろなことが重なった」と鹿戸師は振り返る。21年の有馬記念以来、約3カ月ぶりの実戦。関西圏への初の長距離輸送。最初の1000メートル通過が58秒8と経験のない速い流れ。レース寸前にはゲート内で突進して右目を腫らした。決して力負けではない。

 その後はいつも通り、福島県のノーザンファーム天栄にリフレッシュ放牧に出た。2日に帰厩。15日の1週前リハは、主戦の横山武を背に美浦Wで3頭併せ。僚馬の真ん中で強めに追われ、6F87秒0-37秒1-11秒1で併入。19日は、同Wを単走で6F83秒5-38秒5-11秒6。トレーナーは「暑い時季になって体は絞れてきたし、体調は上向いている。1週前の動きも悪くなかったし、順調」と、どっしり構える。

 3歳だった21年は天皇賞・秋コントレイルグランアレグリアを撃破し、有馬記念ではディープボンド以下を完封した。「能力は一番だと思っている」と語気を強めた指揮官。上半期の総決算できっちりと復権を果たす。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す