スマートフォン版へ

【アイビスSD】ビリーバー&杉原誠人騎手、石毛善彦調教師、ミルファーム、モンテロッソ産駒の重賞初制覇

  • 2022年08月01日(月) 18時20分
 31日、新潟競馬場で行われたアイビスサマーダッシュ(3歳上・GIII・芝直線1000m)で、単勝7番人気の8枠16番ビリーバー(牝7、美浦・石毛善彦厩舎)が優勝。この勝利により、鞍上の杉原誠人騎手JRA重賞初制覇となった。

 杉原誠人騎手は1992年10月31日生、埼玉県出身の29歳。2011年3月26日の小倉8Rで初出走(騎乗馬クルタナ)、同年5月14日の新潟6Rで初勝利(騎乗馬クリノトルネード)を挙げた。同年9月の京成杯AH (GIII)ではフライングアップルとのコンビで重賞初騎乗。2016年にプロレタリアトとのコンビでエリザベス女王杯(GI)に出走、GI初騎乗を果たした。今回がJRA重賞初勝利となる。

 ビリーバーは父モンテロッソ母デイドリーマー、母の父ネオユニヴァースという血統の7歳牝馬。1200m戦で4勝を挙げており、一昨年の同レースでは3着に好走。キャリア45戦目での重賞初制覇となった。

 また、同馬を管理する石毛調教師にとっても重賞初勝利。種牡馬モンテロッソにとっても産駒の重賞初勝利。同馬を所有するミルファームにとってもJRA重賞初制覇(同牧場生産馬としては2000年以来22年ぶり2勝目)という、人馬ともに記念すべき勝利となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す