スマートフォン版へ

【エルムS予想】重賞実績馬「4頭」で大波乱も!? 札幌替わりで問われるトップスピードが鍵

  • 2022年08月06日(土) 08時05分
 去年は東京オリンピックの影響で函館競馬場で行われましたが、今年は例年の札幌競馬場に戻ります。札幌競馬場は、1周距離は函館競馬場と変わらないのですが、ゴール板が1コーナー近くに設定されていてコーナーが緩くなっています。このコースの違いは、求められる適性にも変化が出てきます。

 札幌の緩いコーナーだと、コーナーでスピードをそこまで落とす必要がなく、器用さもあまり問われないので、他場の1周コース1700mよりトップスピードの速さが生きます(つまり、東京1600m・阪神1800mなど広いコースの実績をそのまま信頼しやすい)。去年は、函館で行われたので札幌と比べるときついコーナー。

 それに加えて、1コーナーから2コーナー途中までが緩い下り、向正面から3コーナーまで緩やかに上るコース形態。このコース形態だとコーナーで立ち回れる器用さと持続力の重要度が高くなります。札幌になることで、小回り1700m実績の重要度が下がって、トップスピードの速さの重要度が上がることを考えた狙いが必要になります。

 そこで注目したいのが、広いコースでの中央重賞実績。近年の札幌で行われた年の馬券圏内の馬を見ると、20年勝ち馬タイムフライヤーは前年の武蔵野S2着馬(東京1600m)、2着馬・3着馬は、アンタレスS(阪神1800m)の1着馬・2着馬。19年勝ち馬モズアトラクションは同年の平安S2着馬(京都1900m)。2着馬は、前年勝ち馬。3着馬が同年マーチS勝ち馬(中山1800m)。

 18年勝ち馬ハイランドピークは、重賞出走2回目で初めての重賞好走がエルムSでしたが、1600万下では中山1800m、降級後に阪神1800mで勝利。2着馬は、前年3着馬。3着馬が同年アンタレスS2着馬。1700mに特化した成績より、1600m以上の他の距離での重賞実績があった方が信頼できて、その中でも広いコースでの好走実績がある馬が多くなっています(去年が函館なので前年好走馬は重視せず)。

 今年出走する予定の馬で、1600m以上の広いコースの重賞実績があるのは以下の4頭。

アメリカンシード
(21年平安S2着:中京1900m)
オメガレインボー
(21年武蔵野S3着:東京1600m)
スワーヴアラミス
(22年東海S1着:中京1900m)
ヒストリーメイカー
(21年アンタレスS2着:阪神1800m)

 この中でも、一番トップスピードの速さが生きる東京1600mで好走しているオメガレインボーには注目したいです。札幌に替わることで前年以上の走りができる期待があります。

 あと、ヒストリーメイカーにも注目。当てにならない面はありますが、前走のプロキオンSが行われた小倉1700mがベストの馬ではありません。人気薄の好走後に買うのが馬券的にいいのか? は置いておいて、条件面ではコーナーが緩くなることのプラス要素はあるはずです。

 あと、芝重賞より「格」が問われるダート重賞というのも忘れずに。ウマい馬券では、展開や今後の予想にもつながる各馬の適性など全馬の評価を記載しています。買い方も含めて最終結論に注目して下さい。

(文・nige)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す