スマートフォン版へ

1憶6000万円で落札のフェイト 父と同じ矢作厩舎の好素材

  • 2022年08月05日(金) 06時03分
 「新馬戦」(6日、新潟)

 『ウマ娘』でおなじみのサイバーエージェント社長・藤田晋氏が、昨年の1歳セレクトセールで1億6000万円(税抜き)で競り落としたフェイト(牡2歳、栗東・矢作)が、6日の新潟5R(芝1800メートル)にスタンバイ。同じく矢作厩舎で管理され、16年にドバイターフを制したリアルスティールの初年度産駒だ。

 鞍上に迎えるは、父のクラシック全戦で手綱を取った福永。栗東CWでの1週前追い切りにまたがり、6F82秒4-37秒7-11秒7を計時した。「かなり緩い馬。準備運動では“大丈夫かな?”と思ったけど、走らせれば問題なかった。しっかり動けて素質を感じました」と、キラリと光るモノを見いだした様子だ。POGでも注目を集めた好素材馬の初陣から目が離せない。

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す