スマートフォン版へ

【佐賀・サマーチャンピオン予想】底見せていないシャマルが主役/レースの見どころ

  • 2022年08月24日(水) 17時00分
 8/25(木)に佐賀競馬場で行われる真夏のハンデ戦サマーチャンピオンJpnIII。今年の出走各馬のハンデは52〜59キロで、最大7キロ差。JRAから遠征の5頭と、地方馬7頭の計12頭がフルゲートで争う。主な出走馬は以下の通り。

■8/25(木)サマーチャンピオンJpnIII(3歳以上・ハンデ・佐賀ダ1400m)

 シャマル(牡4、JRA松下武士厩舎)はデビューが21年3月の3歳未勝利戦と遅かったが、休養を挟みながら今年4月にはオープン入り。オープン初戦の東京スプリントJpnIIIでは、昨年の勝ち馬リュウノユキナら3頭との接戦をモノにし、勝利で飾っている。初の1400mだった続くさきたま杯JpnIIもゴール前は3頭の争いとなり同タイムで3着の好内容。勢いがあり、57キロのハンデなら勝ち負けになりそう。

 サクセスエナジー(牡8、JRA北出成人厩舎)は1400mのダートグレード5勝と距離実績断然。7歳だった21年には1200mの東京盃JpnIIを7番人気で制し、衰えないスピードを披露した。その後は得意の1400mでも掲示板止まりだが、当レースでは昨年もハンデ59キロで2着がある。南関東での近2走よりメンバーが楽になる佐賀なら、見直しが必要だろう。

 コンバスチョン(牡3、JRA伊藤圭三厩舎)は今年、ヒヤシンスステークスを制すと、父ディスクリートキャットが06年に制したUAEダービーG2に遠征(11着)。帰国初戦のユニコーンステークスGIIIは9着だったが、久々の影響はあったか。全日本2歳優駿JpnIで2着もある、3歳世代でトップクラスのダート馬。古馬との対戦は初でもハンデ53キロをいかしての好走に期待。

 レディバグ(牝4、JRA北出成人)は2歳新馬戦を勝ち上がると、続く兵庫ジュニアグランプリJpnIIでも2着と、早くから頭角を現した。3歳のダートオープンでは2着2回、3着1回と歯がゆい走りが続いたが、古馬との2勝クラス、3勝クラスを連勝。今年5月の栗東ステークスでオープン初勝利を挙げ、前走のスパーキングレディーカップJpnIIIは、サルサディオーネに先着しての2着と力をつけてきた。ハンデ54キロは前走より1キロ軽く、補欠1番手から繰り上がった運も味方にしたい。

 ラウダシオン(牡5、JRA・齋藤崇史厩舎)は20年NHKマイルカップGI、21年京王杯スプリングカップGIIと芝重賞で2勝をマーク。今春には海外遠征も経験している。当レースでは06年に同じくJRA芝重賞勝ちがあったメイショウバトラーが勝利。初ダートでの勝利となれば史上初となるが、過去1度だけという斤量58キロの克服は課題になりそうだ。

 そのほか、JRA3勝クラスから転入した園田で1400m重賞勝ちがあるコウエイアンカ(セン7、兵庫・保利良平厩舎)、トライアル・吉野ヶ里記念の勝ち馬リュウノシンゲン(牡4、佐賀・山田徹厩舎)にも注目。

 発走は18時00分。

 次回は9/11の『鳥栖大賞』の見どころを紹介予定です。

 netkeiba×佐賀競馬見どころニュース

◇佐賀競馬の魅力を特設サイトで紹介中

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す