スマートフォン版へ

【阪神ジャンプSレース後コメント】ホッコーメヴィウス黒岩悠騎手ら

ラジオNIKKEI
  • 2022年09月17日(土) 18時27分
中京8Rの第24回阪神ジャンプステークス(障害3歳以上・JGIII・芝3300m)は1番人気ホッコーメヴィウス(黒岩悠騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分33秒4(良)。3馬身半差の2着に10番人気アルーフクライ、さらに4馬身差の3着に2番人気メイショウアルトが入った。

ホッコーメヴィウスは栗東・清水久詞厩舎の6歳セン馬で、父ダイワメジャー母ホッコーメモリー(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は36戦5勝。

レース後のコメント
1着 ホッコーメヴィウス(黒岩悠騎手)
「返し馬の感じから前走より良くて、今年一番と思える出来でした。自信を持っていけました。途中で突付かれそうなところはありましたが、道中はお釣りを残して運べました。昔は口向きが難しいところがありましたが、年齢を重ねてコントロールがしやすくなりましたし、JGIへ挑んでもいいかもしれませんね。(人気を集めていましたが)前走で勝てていたので、ドンと構えて乗れました」

3着 メイショウアルト(高田潤騎手)
「初めて乗せてもらい、まだ掴みきれないところはありますが、イメージしていたよりも飛越はスムーズで、先行力があります。まだ競馬を覚えている段階だと思います。今のこの馬には中京は合わないと思いますが、ずっと脚を使っていますからね。力のある馬だと思います。4歳で伸びしろを感じます」

5着 テリオスルイ(中村将之騎手)
「枠が良く、枠順を活かして、良いポジションを取れました。終いが甘くなるので、一呼吸を置いて競馬をしました。着差はついていませんし、これからの馬だと思います」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す