スマートフォン版へ

【ラジオ日本賞レース後コメント】アシャカトブ丹内祐次騎手ら

ラジオNIKKEI
  • 2022年09月18日(日) 17時18分
中山11Rのラジオ日本賞(3歳以上オープン・ダート1800m)は8番人気アシャカトブ(丹内祐次騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒3(不良)。半馬身差の2着に1番人気ウィリアムバローズ、さらに2馬身差の3着に4番人気ウシュバテソーロが入った。

アシャカトブは美浦・小笠倫弘厩舎の6歳牡馬で、父シニスターミニスター母ヴェリタスマリコ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は22戦6勝。

レース後のコメント
1着 アシャカトブ(丹内祐次騎手)
「出たなりで、ある程度の位置をとれました。道中、コースロスなく運べました。直線追ってからの反応もよかったです」

2着 ウィリアムバローズ(横山武史騎手)
「今日は休み明けでしたし、馬場が合わない中で、次につながる良い競馬ができました」

4着 ケンシンコウ(田辺裕信騎手)
「競馬のリズムとしては、前回よりも落ち着いて出来ました。前が残る競馬でしたが馬場的な部分もありましたし、この馬としては良い感じで次につなげられそうです」

5着 ワーケア(津村明秀騎手)
「返し馬からダートが合いそうと感じていました。スタートも決まってよかったですし、砂をかぶっても大丈夫でした。これから楽しみです」

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す