スマートフォン版へ

【凱旋門賞】G1・11勝の名牝ベリーエレガントが追加登録 ニュージーランド産馬の参戦は11年ぶり

  • 2022年09月21日(水) 19時27分
 10月2日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(3歳牡牝・仏G1・芝2400m)に、これまでオーストラリアでG1・11勝を挙げ、今年5月にフランスへ移籍し現役生活を送る名牝ベリーエレガント(牝7、Verry Elleegant)が追加登録することを発表した。英競馬メディア『Racing Post』が報じている。

 ベリーエレガントは父Zed、母Opulence、母の父Danroadという血統のニュージーランド産馬。

 2018年7月にデビューを果たし、翌2019年3月のヴァイナリースタッドS(芝2000m)でG1初制覇。以降、同年4月のオーストラリアンオークス(芝2400m)、2020年のウィンクスS(芝1400m)、昨年のメルボルンカップ(芝3200m)など、幅広い距離で大レースを制している。

 参戦が実現した場合、ニュージーランド産馬の凱旋門賞挑戦は11年ぶりの出来事となる。11年前(2011年)に出走した同国産馬は、オーストラリアで大活躍したのちにアイルランドへ移籍し、北半球と南半球を合わせてG1計10勝を挙げたソーユーシンクで、結果は4着だった。

みんなのコメント

ニュースコメントを表示するには、『コメント非表示』のチェックを外してください。

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。
  • 『コメント非表示』にチェックを入れると、すべてのニュース記事においてコメント欄が非表示となります。
  • ※チェックを外すと再びコメント欄を見ることができます。
    ※ブラウザを切り替えた際に設定が引き継がれない場合がございます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す