スマートフォン版へ

【POG】ききょうSをレコード勝ち!アロマデローサは重賞戦線でも期待できそう(栗東発)

デイリースポーツ
  • 2022年09月24日(土) 12時50分
 競馬新聞「馬サブロー」が誇るPOGマスター、塩手智彦(栗東)と木村拓人(美浦)がお送りするPOG情報。東西のトレセンでつかんだ情報をお伝えします。

 17日のききょうSアロマデローサ(牝、池添学)がレコード勝ち。初戦同様に道中は馬込みで脚をため、直線でスペースができるとグイグイ伸びて、2着クインズエルサ(牝、西村)に1馬身1/4差をつけて新馬-特別の連勝Vを決めた。次走は未定だが、センスがあり重賞戦線でも活躍が期待できる器。今後の動向に注目したい。

 メンバー最速の上がり3F34秒0の末脚で追い込んできたヤクシマ(牡、寺島)は3着。レースを振り返って、師は「ゲートを上手に出ていい形で競馬ができましたし、ラストも脚を使っています」と初の左回り、初の千四でも手応えをつかんだ様子。「広いコースの方が合っていますし、次走は京王杯2歳S(11月5日・東京、芝1400m)を予定しています」とコメントした。

 18日の中京未勝利戦(ダート1200m)を勝ったノースディーバ(牡、鮫島)は放牧へ。「ノド鳴りの兆候があり、手術をすることにしました。ノドの状態さえ良くなれば、もっと上を目指せる器だと思っています」と師。同日の中京未勝利戦(ダート1800m)を勝ったツウカイリアル(牡、庄野)について、師は「レースが上手ですね。抜け出すのが早くてフワフワしましたが、まだ余裕がありましたし、強かったです」と笑顔。次走はJBC2歳優駿(11月3日・門別、ダート1800m)に登録をする予定。抽選になる可能性が高く、選出されなかった時はもちの木賞(11月6日・阪神、ダート1800m)へ向かう。

 同日の中京未勝利戦(芝1200m)でレコード勝ちを決めたビッグシーザー(牡、西園正)、僚馬でききょうS4着のチカポコ(牝)は放牧へ。

 8月7日の札幌未勝利戦(ダート1700m)で6馬身差の圧勝劇を演じたサトノミスチーフ(牡、平田)はプラタナス賞(10月15日・東京、ダート1600m)、僚馬で8月27日の新潟未勝利戦(芝1600m)を勝ったエマヌエーレ(牡)は紫菊賞(10月15日・阪神、芝1800m)を目指す。(馬三郎栗東支局・塩手)

提供:デイリースポーツ

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す