スマートフォン版へ

【スプリンターズS】栗東レポート ナムラクレア(浜中俊騎手)

ラジオNIKKEI
  • 2022年09月28日(水) 16時55分
10月2日(日)に中山競馬場で行われる第56回スプリンターズステークス(GI)に出走を予定しているナムラクレア(牝3、栗東・長谷川浩大厩舎)について、浜中俊騎手の追い切り後の共同記者会見のコメントは以下の通り。

桜花賞の後、短距離の方にベースを絞って2回走りましたが、こちらが思っていた以上に適性の高さを見せてくれたと思います。1200mへの距離の対応も全く問題ありせんでした。古馬との対戦で、力比べというところでも、函館スプリントステークスは勝ってくれましたし、北九州記念はうまく自分がエスコートできず、力を発揮させられずに負けてしまったという形で、力負けではないということは感触として得ています。2戦とも馬は良く走ってくれたと思います。

小倉2歳ステークスから騎乗させてもらっていますが、ポテンシャルを感じていて、大きいレースを勝てる力のある馬だなとは思っていました。お父さんが(かつて自分が騎乗していた)ミッキーアイルで、そういうことも含めて非常に魅力を感じている馬です。スピードと瞬発力というのはお父さんに似て、その2点に関しては高いポテンシャルをナムラクレアからも感じます。この馬で大きいところを獲りたいですし、お父さんにも騎乗していたので、その子どもで大きいレースを勝てればより嬉しいなと思っています。

気性についてはどんどんお利口さんになって、さらに操縦性も良くなりました。体もさらに逞しくなって、馬自身の柔らかさも出てきましたので、成長は感じます。もともと調教はすごく動く馬なのですが、1週前の追い切りも本当に素晴らしい動きでした。馬自身、もっともっと力をつけているなと感じています。

坂のあるコースも問題ないと思っています。中山は初めてですが、非常に器用に走ってくれる馬なので、コース替わりは全く不安に思っていないです。枠順は、発表されてから、その決まった枠で、しっかりと考えて乗りたいです。馬の能力をしっかりと発揮できるように、その一点ですね。短距離ですのでスタートは特に大事だなとは思っています。

ナムラクレアは本当にGIを勝てる力のある馬だと僕も陣営も思っていますので、しっかりと馬の力を発揮できるように自分もエスコートして、素晴らしい走りを皆さんに見ていただけたらなと思っています」

(取材:三浦拓実)

ラジオNIKKEI

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す