スマートフォン版へ

【中京5R・2歳新馬】ダノンペドロが勝って、サトノダイヤモンド産駒は3頭目の勝ち上がり…岩田望来騎手「すごくいい反応」

スポーツ報知
  • 2022年10月02日(日) 13時59分
 10月2日の中京5R・2歳新馬(芝2000メートル=14頭立て)は、3番人気のダノンペドロ(牡、栗東・寺島良厩舎、父サトノダイヤモンド)がデビューVを飾った。勝ち時計は2分3秒6(良)。

 仕掛けて中団のイン。1000メートル63秒4の落ち着いた流れでも折り合いがついていた。そのまま内を狙って、直線で少し外へ。残り200メートルでマルクパージュ(2着、今村聖奈騎手)を交わし、半馬身差をつけて振り切った。新種牡馬サトノダイヤモンド産駒は、ダイヤモンドハンズ(牡2歳、栗東・池江泰寿厩舎)、モンドプリューム(牡2歳、美浦・水野貴広厩舎)に続いて、JRAでは3頭目の勝利となった。

 岩田望来騎手は「人気馬を見ながら、いいポジションで運べました。ゴーサインを出すと、すごくいい反応をしてくれました。いい勝ち方だったと思います」と能力を評価。

 寺島調教師は「1歩目は速かったんですが、その後は馬のリズムで運びました。思ったより(ペースが)流れず、結果的にいいポジションでした。4角もいい感じで上がって行って、抜け出してからまた来られましたが、しっかり反応していました。思っていた通り、長い距離が合っていますね。まだパドックとか精神的にかなり幼いので、先々が楽しみです。今後のことは、いったん牧場に戻して考えます」と成長に期待を寄せた。

スポーツ報知

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す