スマートフォン版へ

タマツバキ記念アラブ大賞典、フジノコウザンが競り合い制す

  • 2007年06月10日(日) 16時00分
 10日、福山競馬場で行われたタマツバキ記念アラブ大賞典(アラ系、ダート1800m、1着賞金300万円)は、池田敏樹騎手騎乗の4番人気フジノコウザン(牡4、福山・吉井勝宏厩舎)が、好位のイン追走から直線で伸び、1番人気バクシンオーとの競り合いをアタマ差制して優勝した。勝ちタイムは1分56秒8(重)。さらに1.1/2馬身差の3着には2番人気ユノフォーティーンが入った。

 勝ったフジノコウザンは、父コウザンハヤヒデ母スカイフラワー(その父スマノヒット)という血統。04年7月のデビュー以来着実に勝ち星を重ねており、重賞は昨年7月の銀杯(福山)以来の2勝目となった。通算成績29戦17勝(重賞2勝)。

 なお、現役アラブ競走馬の減少に伴い、今回が日本競馬史上最後のアラブ全国交流戦となる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す