スマートフォン版へ

関東オークス、ホワイトメロディー初重賞V

  • 2007年06月13日(水) 20時10分
 13日、川崎競馬場で行われた関東オークス(3歳牝、交流GII・ダート2100m、1着賞金3200万円)は、安藤勝己騎手騎乗の1番人気ホワイトメロディー(牝3、栗東・加用正厩舎)が好位追走から早めに抜け出し、4番人気ケアレスウィスパーに2.1/2馬身差をつけ快勝した。勝ちタイムは2分16秒5(良)。さらに5馬身差の3着に7番人気アルヴィスが入った。

 勝ったホワイトメロディーは、父クロフネ母ドラムメロディー(その父Seeking the Gold)という血統。半兄に05年佐賀記念(交流GIII)を制したマルブツトップ(牡7、栗東・加用正厩舎父ダンスインザダーク)、叔父にミレニアムバイオ(02年マイラーズC-GIIなど重賞3勝)、アドマイヤタッチ(99年兵庫ジュニアGP-交流GIII)がいる。

 今年3月にデビュー勝ちし、2連勝で3歳500万下(阪神・ダート1400m)を勝利。続くスイートピーS(OP、東京・芝1800m)は16着と敗れたが、前走の昇竜S(OP、中京・ダート1700m)はヒシカツリーダーから0.1秒差の3着に入っていた。今回が重賞初出走で、これまでダートでは牝馬に先着を許していない。通算成績5戦3勝(うち地方1戦1勝、重賞1勝)。

 交流重賞となった00年以降、JRA所属馬の勝利は3年ぶり6頭目。なお、クロフネ産駒としては05年朝日杯フューチュリティS(GI)など重賞3勝のフサイチリシャール(牡4、栗東・松田国英厩舎)に続く2頭目の重賞勝ちとなり、ダート重賞は初勝利となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す