スマートフォン版へ

高知の倉兼育康騎手、韓国で騎乗

  • 2007年06月18日(月) 17時00分
 高知県競馬組合は18日、倉兼育康騎手(31、高知・松下博昭厩舎)が7月から3か月間、韓国・ソウル競馬場で期間限定騎乗することを発表した。

 地方競馬全国協会が韓国馬事会から依頼を受けたことによるもの。韓国で3か月間に渡り騎乗する日本人騎手は倉兼騎手が初となる。

 倉兼育康(くらかね いくやす)騎手は75年11月10日生まれ、大分県出身。95年にデビューし、これまでに06年高知県知事賞(高知、サンエムウルフ)、97年珊瑚冠賞(高知、スーパープレイ)などの重賞に勝っている。17日現在の地方通算成績は7076戦897勝。

【倉兼騎手のコメント】
 高知競馬場での騎乗と変わらず、土地が変わっても頑張るだけです。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す