スマートフォン版へ

凱旋門賞馬アルピニスタがジャパンC参戦へ…19日に日本到着予定

スポーツ報知
  • 2022年11月09日(水) 16時34分
 今年の凱旋門賞を制した英国馬アルピニスタ(牝5歳、プレスコット厩舎、父フランケル)がジャパンカップ・G1(11月27日、東京・芝2400メートル)に参戦予定であると、8日、アジアン・レーシング・リポート電子版が報じた。

 17日に英国を出発し、フランクフルト経由で19日に日本に到着する予定。プレスコット調教師は同サイトの取材に応じ、輸送について「28時間かかるので簡単ではありません。もちろんレースは十分に難しいが、輸送がうまくいかなければチャンスはない」と話している。

 また同調教師は「彼女が凱旋門賞を走るまでは、硬い馬場を望んでいると思っていました。彼女の最高のパフォーマンスは、高速決着だったサンクルー大賞です。そして初めてリステッドを勝ったソールズベリーは信じられないほど時計が速かったが、そのレースが好きそうだった」と日本の馬場への適性に胸を張った。

スポーツ報知

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す