スマートフォン版へ

キュンティアの初仔、オディールが4馬身差の圧勝

  • 2007年07月01日(日) 10時10分
 1日、阪神競馬場で行われた1R・2歳未勝利(芝1200m)は、武豊騎手騎乗の1番人気オディール(牝2、栗東・橋口弘次郎厩舎)が好位追走から直線に向くと鋭く伸び、2番人気ヤマニンブリオンに4馬身差をつけ圧勝した。勝ちタイムは1分09秒3(良)。さらに6馬身差の3着には3番人気メイショウローランが入った。

 勝ったオディールは、父クロフネ、母は97年阪神3歳牝馬S(GI)2着のキュンティア(その父Darshaan)という血統。本馬は母の初仔。1歳と当歳にいずれもダンスインザダークの牝馬がいる。6月17日のデビュー戦(阪神・芝1200m)はエイシンパンサーの3着だった。通算成績2戦1勝。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す