スマートフォン版へ

ウインクリューガー、初障害で4年ぶりの勝利

  • 2007年07月07日(土) 11時40分
 7日、阪神競馬場で行われた4R・障害未勝利(芝→ダート2970m)に、今回が初障害となる03年NHKマイルC(GI)の勝ち馬ウインクリューガー(牡7、栗東・松元茂樹厩舎)が出走。金折知則騎手が騎乗し3番人気に推され、2番手追走から直線で抜け出すと、4番人気ブラックコンドルに6馬身差をつけ圧勝した。勝ちタイムは3分19秒2(芝:良、ダート:稍重)。

 勝ったウインクリューガー父タイキシャトル母インヴァイト(その父Be My Guest)。従弟にディープインパクト(05年3冠などGI・7勝)がいる血統。

 02年10月にデビュー勝ちし、03年アーリントンC(GIII)で重賞初制覇。毎日杯(GIII)8着を経て、9番人気(単勝26.0倍)で出走したNHKマイルCを制した。しかしその後は不振に陥り、05年阪急杯(GIII)、05年スワンS(GII)での3着はあったものの24連敗を喫していた。今回の勝利がNHKマイルC以来、約4年2か月ぶりの勝利となった。通算成績33戦5勝(うち障害1戦1勝、地方1戦0勝、重賞2勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す