スマートフォン版へ

シャトル種牡馬7頭が出発

  • 2007年08月08日(水) 22時00分
 7日、9月からの南半球における種付けシーズンに向け、シャトル供用される種牡馬7頭が、新千歳空港からそれぞれの繋養先へ向けて出発した。

 今年シャトル供用が予定されているのは、G1・7連勝の世界記録を持つロックオブジブラルタル(牡8、父デインヒル)、01年日本ダービージャングルポケット(牡9、父トニービン)、04年JRA年度代表馬ゼンノロブロイ(牡7、父サンデーサイレンス)、ブラックホーク(牡13、父Nureyev)、ストラヴィンスキー(牡11、Nureyev)、グランデラ(牡9、父Grand Lodge)、スニッツェル(牡5、父Redoute's Choice)の計7頭。シャトル先は以下の通りとなっている。

( )内は南半球シャトル先
グランデラ(豪・ダーレー オーストラリア)
ジャングルポケット(新・リッチヒルスタッド)
ストラヴィンスキー(新・ケンブリッジスタッド)
スニッツェル(豪・アローフィールドスタッド)
ゼンノロブロイ(新・ジャヴァサラブレッズ)
ブラックホーク(豪・イライザパークスタッド)
ロックオブジブラルタル(豪・クールモア オーストラリア)

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す