スマートフォン版へ

東京記念、ウエノマルクンが79戦目の重賞初制覇

  • 2007年10月04日(木) 20時15分
 4日、大井競馬場で行われた東京記念(3歳上、南関東G2・ダート2400m、1着賞金3000万円)は、鈴木啓之騎手騎乗の7番人気ウエノマルクン(牡8、大井・松浦裕之厩舎)が好位追走から、先に抜け出した2番人気メーンエベンターをゴール前で一気に交わし、1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分35秒0(稍重)。さらに1.1/2差の3着に9番人気ジルハーが入り、1番人気ホクトアサティスは9着に敗れた。

 勝ったウエノマルクン父サッカーボーイ母フラワーケープ(その父ヤマニンスキー)。従妹に昨年のトゥインクルレディー賞(南関東G2)、TCKディスタフ(南関東G3)を勝ったアウスレーゼ(牝5、大井・阪本一栄厩舎)がいる血統。

 01年8月にデビュー。これまでに03年、04年大井記念(南関東G2)2着、05年東京記念(南関東G2)2着など重賞で好走を繰り返すも勝ち切れず、今回79戦目にして重賞初制覇を果たした。通算成績79戦4勝(うちJRA5戦0勝、重賞1勝)。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す