スマートフォン版へ

現役馬セール、マサノミネルバが最高価格

  • 2007年11月02日(金) 17時00分
 2日、馬産地の特性を生かした取り組みの一環として、競走馬の新たな流通ルートの形成をねらいとした「ホッカイドウ競馬トレーディングセール」が、門別競馬場で開催された。

 この日はホッカイドウ競馬で活躍する2歳馬を中心に64頭が上場され、うち21頭が売却。32.8%の売却率(前年比14.8%減)で、売上総額は1億1028万1500円(税込、前年比8742万3000円増)だった。

 最高落札価格は、エーデルワイス賞(交流GIII)を5馬身差で圧勝したマサノミネルバ(牝2、北海道・堂山芳則厩舎父ラムタラ)で、社台ファームが5010万円(税抜)で落札した。

※重賞の格付けは当面、従来の表記を使用致します。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す