スマートフォン版へ

米2冠馬シルバーチャームが青森へ移動

  • 2007年11月04日(日) 10時37分
 JBBA日本軽種馬協会が、08年度の種牡馬配置、種付料などを発表した。

 97年のケンタッキーダービー(米G1)、プリークネスS(米G1)、98年のドバイワールドC(首G1)を勝ち、05年から日本で繋養されているシルバーチャーム(牡13、父Silver Buck)が青森県・七戸種馬場に移動となるほか、キンググローリアス(牡21、父Naevus)は、3年ぶりに日本復帰を果たしたアラムシャー(牡7、父Key of Luck)とともに北海道・静内種馬場で繋養されることが決まった。

 また、千葉県・下総種馬場の閉鎖に伴い、ロドリゴデトリアーノ(牡18、父El Gran Senor)は鹿児島県・九州種馬場へ、ヒシアケボノ(牡15、父Woodman)は、九州種馬場から移動するダンツシアトル(牡17、父Seattle Slew)とともに栃木県・那須種馬場(ヒシアケボノの供用は東大附属牧場)へ移動となる。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す