スマートフォン版へ

最高齢記録のオースミレパードが引退

  • 2007年12月05日(水) 11時15分
 サラブレッド最高齢出走記録および勝利記録を持つオースミレパード(牡16、高知・細川忠義厩舎)が現役を引退し、高知県の土佐黒潮牧場で余生を送ることがわかった。既に同牧場に移動している。

 オースミレパード父アンバーシャダイ母キョウエイシェアー(その父フォルティノ)という血統。91年4月26日生まれで、同期にはナリタブライアンヒシアマゾンサクラローレルなどがいる。

 93年に京都でデビューし、JRA46戦6勝の成績で98年に高知に移籍。昨年12月9日に、49年にヒサトモが記録したサラブレッド最高年齢出走記録を57年ぶりに更新。さらに今年9月23日の勝利で、最高年齢勝利記録を16歳5か月に更新した。11月11日のDニ(高知)が最後のレースとなり、最高年齢出走記録は16歳7か月になっている。通算成績222戦33勝(うちJRA46戦6勝)。

 土佐黒潮牧場へのお問い合わせはホームページ(http://www5.ocn.ne.jp/~hihin/)まで。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す