スマートフォン版へ

園田金盃、ベストタイザンが6連勝

  • 2007年12月06日(木) 15時55分
 6日、園田競馬場で行われた園田金盃(3歳上、ダート2400m、1着賞金550万円)は、下原理騎手騎乗の1番人気ベストタイザン(牡5、兵庫・齊藤裕厩舎)が、2番手追走から直線で力強く伸びると、3番人気アグネスミステリーにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分42秒1(良)。さらにクビ差の3着に5番人気タマモアーチストが入った。

 勝ったベストタイザンは、父ジェニュイン母ベストフルーツ(その父アスワン)という血統。04年6月に北海道・村上正和厩舎からデビューし、2勝を挙げ兵庫・齊藤堯厩舎へ移籍。昨年から現厩舎へ転厩し、昨年の園田金盃(園田)2着、兵庫ゴールドT(交流GIII)4着など重賞で好走を見せた。今年の園田フレンドリーC(園田・ダート1230m)で重賞初制覇。その後一般戦で連勝を続け、今回の勝利で6連勝となった。通算成績44戦16勝(うちJRA4戦0勝、重賞2勝)。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す