スマートフォン版へ

シンガポール国際競走、JRA3頭が出走断念

  • 2008年04月11日(金) 19時00分
 JRAは11日、現地時間5月18日(日)にシンガポール・クランジ競馬場で行われるシンガポール航空国際C(星G1)およびクリスフライヤーインターナショナルスプリントに選出され、出走を予定していたJRA所属馬3頭について、日本・シンガポール政府間の衛生条件に関する協議の結果、遠征することが不可能になったと発表した。

 なお、3頭以外ではコスモバルク(牡7、北海道・田部和則厩舎)が、シンガポール航空国際Cの招待を受諾している。出走予定だったJRA所属馬は以下の通り。

シンガポール航空国際C(星G1・芝2000m)
シャドウゲイト(牡6、美浦・加藤征弘厩舎)
タスカータソルテ(牡4、栗東・藤原英昭厩舎)

◆クリスフライヤーインターナショナルスプリント(芝1200m)
ドラゴンウェルズ(牡5、栗東・藤原英昭厩舎)

シンガポールに向かうための衛生条件は「出国前3か月間に伝染病(馬インフルエンザを含む)の発生がない施設にいたこと」となっている。

みんなのコメント

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す