スマートフォン版へ

中山GJ、マルカラスカル圧勝でJGI・2勝目

  • 2008年04月19日(土) 15時35分
 19日、中山競馬場で行われた中山グランドジャンプ(障害4歳上、JGI・芝4250m)は、西谷誠騎手騎乗の3番人気マルカラスカル(牡6、栗東・増本豊厩舎)が、レース中盤から先頭に立つと、そのまま後続を引き離し、2番人気メルシーエイタイムに2.2秒の大差をつけて圧勝した。勝ちタイムは4分57秒7(重)。さらに1/2馬身差の3着には5番人気テイエムエースが入った。1番人気のエイシンニーザンは5着に敗れている。

 勝ったマルカラスカルは、父グラスワンダー母トレアンサンブル(その父トニービン)という血統。伯父にステージチャンプ(日経賞-GIIなど重賞2勝)、伯母にプライムステージ(札幌3歳S-GIIIなど重賞2勝)がいる。

 04年10月にデビューし、4戦目で初勝利。その後も05年7月の加古川特別(1000万下)を制すなど平地で勝ち星を重ねた。障害では05年12月の初出走から2戦目で初勝利を挙げ、06年に入り牛若丸JS(OP)、淀JS(OP)を連勝。暮れの中山大障害(JGI)で重賞初制覇を飾り、同年のJRA賞最優秀障害馬に輝いた。その後は勝ち星から遠ざかっていたが、前走の牛若丸JSで約1年ぶりの勝利を挙げてここに臨んでいた。通算成績27戦9勝(うち障害8戦6勝、重賞2勝)。

 鞍上の西谷誠騎手阪神スプリングJ(JGII、エイシンニーザン)に続く今年のJRA重賞2勝目で、通算9勝目。管理する増本豊調教師は昨年の中日新聞杯(GIII、サンライズマックス)以来となるJRA重賞制覇で通算13勝目となった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す