スマートフォン版へ

ストームキャットの母、32歳で死亡

  • 2008年04月30日(水) 12時30分
 現地時間29日、米・ケンタッキー州レキシントン近郊のオーバーブルックファームで、大種牡馬ストームキャット Storm Cat(牡25)の母ターリングア Terlinguaが、老衰による合併症のため、安楽死の処置がとられたことがわかった。32歳だった。

 ターリングアは、父Secretariat母Crimson Saint(その父Crimson Satan)という血統の米国産馬。米3冠馬Secretariatの2世代目産駒として76年に生まれ、現役時代はハリウッドラッシーS(米G2)など17戦7勝の成績を残した。

 繁殖入り後、Storm Birdとの間に生まれたストームキャットが85年ヤングアメリカS(米G1)を制し、種牡馬入り後も世界各国で名馬を送り出し大成功。一時は種付料が50万ドル(約6000万円)まで跳ね上がり、米国では2度のリーディングサイアーに輝くなど、“米国ナンバー1種牡馬”の地位を確立した。その血はGiant's CausewayヘネシーForestryTale of the Catなど多くの後継種牡馬が受け継ぎ、日本では直仔のシーキングザダイヤ(ニュージーランドT-GII)、ヘネシー産駒サンライズバッカス(フェブラリーS-GI)などが活躍している。

 ターリングアは11頭の産駒を出し、ストームキャット以外ではチャペルオブドリームス Chapel of Dreams(パロマーH-米G2)などが活躍した。今後はオーバーブルックファームに埋葬される予定。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す