スマートフォン版へ

英1000ギニー、ディヴァインライト産駒ナタゴラが優勝

  • 2008年05月05日(月) 09時00分
 今年で195回目を迎える英1000ギニー(3歳牝、英G1・芝8f)が現地時間4日、英・ニューマーケット競馬場で行われ、C.ルメール騎手騎乗で1番人気に推されたディヴァインライト産駒のナタゴラ Natagora(牝3、仏・P.バリー厩舎)が、スタートから果敢に先頭に立ち主導権を握ると、ゴールまでしっかり脚を伸ばし、スペイシャス Spaciousの追い上げを1/2馬身差抑えて優勝した。勝ちタイムは1分38秒99(良)。さらに1/2馬身差の3着にはシーシャアブー Saoirse Abuが入っている。

 勝ったナタゴラは、父ディヴァインライト母Reinamixa(その父Linamix)という血統の仏国産馬。昨年5月のデビューから2戦目で初勝利を挙げると、ボワ賞(仏G3)、ロベールパパン賞(仏G2)を含む4連勝をマーク。初のG1挑戦となったモルニ賞(仏G1)は2着に敗れるも、チェヴァリーパークS(英G1)を制しG1初制覇。昨年度の欧州最優秀2歳牝馬に選出された。今年の初戦となった4月の準重賞・アンプリュダーンス賞を勝ち、今回がそれ以来のレースだった。通算成績9戦7勝(重賞4勝)。次走は25日の愛1000ギニー(愛G1)を予定している。

 同馬の父ディヴァインライト(牡13)は、父サンデーサイレンス母メルドスポート(その父ノーザンテースト)という血統。現役時代は重賞勝ちこそなかったものの、00年高松宮記念(GI)2着など主に短距離戦線で活躍し、通算26戦4勝の成績を残した。03年から北海道浦河町の社台スタリオンステーション荻伏で種牡馬入り。04年からフランスに渡り、今年からはトルコのトルコナショナルスタッドで繋養されている。

 鞍上のC.ルメール騎手、管理するP.バリー調教師ともに英国クラシック初制覇。また、フランス所属馬の英1000ギニー優勝は92年ハトゥーフ Hatoof以来16年ぶりとなった。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す