スマートフォン版へ

京都JS、テイエムトッパズレが重賞初制覇

  • 2008年05月17日(土) 14時35分
 17日、京都競馬場で行われた第10回京都ジャンプS(障害4歳上、JGIII・芝3170m)は、佐久間寛志騎手騎乗の5番人気テイエムトッパズレ(牡5、栗東・鹿戸明厩舎)が、スタートから先手を取り主導権を握ると、道中マイペースで運び、直線では2番人気ナイトフライヤーの追撃を1.3/4馬身差抑えて優勝した。勝ちタイムは3分33秒3(良)。さらに3馬身差の3着には1番人気のエイシンペキンが入っている。

 勝ったテイエムトッパズレは、父テイエムオペラオー母テイエムシャルマン(その父ステートリードン)という血統の鹿児島産馬。05年7月のデビュー戦を勝利で飾り、その後は勝ち星に恵まれなかったが、障害4戦目で勝利を挙げると、続くオープン戦で2着、昨年の京都ハイジャンプ(JGII)でも3着に好走していた。通算成績25戦3勝(うち障害12戦2勝、地方3戦0勝、重賞1勝)。

 鞍上の佐久間寛志騎手は03年のデビュー以来、7回目の騎乗にしてJRA重賞初制覇。管理する鹿戸明調教師はテイエムダイオーで制した00年京都ハイジャンプ(JGII)以来、約7年半ぶりのJRA重賞制覇で通算では5勝目となった。

 また、この勝利がテイエムオペラオー産駒JRA重賞初制覇となっている。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す