スマートフォン版へ

シンガポール航空国際C、コスモバルク敗れる

  • 2008年05月18日(日) 20時50分
 現地時間18日、シンガポール・クランジ競馬場で行われた第8回シンガポール航空国際C(3歳上、星G1・芝2000m)は、A.マーカス騎手騎乗のジェイペグ Jay Peg(牡4、南ア・H.ブラウン厩舎)が、2番手追走から直線で抜け出して快勝した。勝ちタイムは2分00秒89(良)。1.3/4馬身差の2着にリキャスト Recast(星)、さらに3/4馬身差の3着にはバリオス Balius(仏)が入った。なお、日本から参戦したコスモバルクは道中後方を追走。直線でしぶとく伸びたが6着に敗れている。

 勝ったジェイペグは、父Camden Park母Laptop Lady(その父Al Mufti)という血統の南アフリカ産馬。昨年のケープダービー(南アG1)、ケープギニー(南アG1)勝ち馬で、前走のドバイデューティフリー(首G1)をトラックレコードで快勝してここに臨んでいた。通算成績18戦10勝。

 コスモバルクはこのレース3年連続の参戦。06年は優勝、昨年もシャドウゲイトの2着に入っていたが、2度目の優勝はならなかった。

松岡正海騎手のコメント】
「(先入れの影響で)ゲートで待たされてしまい、馬が飽きて出遅れてしまいました。残念です」

田部和則調教師のコメント】
「パドックでも気合いが乗っていたのですが、出遅れが響いてしまいました。残念です」

【岡田繁幸氏のコメント】
「出負けしてしまい、4コーナーではダメかと思いましたが、よく追い込んでくれました。応援してくれる人も多く、結果を出したかったですが、残念です。日本では(検疫施設の)600メートルの馬場で仕上げましたが、現地での調整は良く、全力を出せたと思います。(コスモバルクは)まだまだ若いと思うので、チャンスを与えてみたいと思います」

※馬齢は主催者発表(南半球齢で表記)を記載。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す