スマートフォン版へ

テイクオーバーターゲットがシンガポールで勝利

  • 2008年05月18日(日) 23時00分
 現地時間18日、シンガポール・クランジ競馬場で行われたクリスフライヤーインターナショナルスプリント(3歳上、芝1200m)は、J.フォード騎手騎乗のテイクオーバーターゲット Takeover Target(セン9、豪・J.ジャニアック厩舎)が、2番手追走から直線で抜け出すと、ゴール前追い込んだマグナス Magnus(豪)を1/2馬身差抑えて快勝した。勝ちタイムは1分08秒80(良)。さらにハナ差の3着にはサンツィロ Sanziro(香)が入った。なお、06年香港スプリント(香G1)の勝ち馬で、人気の一角となっていたアブソリュートチャンピオン Absolute Champion(香)は、スタート後に右前脚を骨折。安楽死の処置が取られている。

 テイクオーバーターゲット父Celtic Swing母Shady Stream(その父Archregent)という血統の豪州産馬。06年にはライトニングS(豪G1)、キングズスタンドS(英G2)、スプリンターズS(GI)を制してグローバル・スプリント・チャレンジのチャンピオンに輝いている。通算成績33戦17勝(うちJRA2戦1勝、重賞8勝)。

みんなのコメント

非表示の使い方
  • をクリックすることで指定したユーザーの投稿を常に表示しないようにすることができます(ミュート機能)。
  • ※ミュート機能により非表示となった投稿は完全に見えなくなります。このため表示件数が少なく表示される場合がございますのでご了承ください。なお、非表示にしたユーザーはマイページからご確認いただけます。

アクセスランキング

注目数ランキング

ニュースを探す

キーワードから探す